トリキュラー28の飲み忘れ

MENU

トリキュラー28の飲み忘れ

 

トリキュラー28をはじめとする低用量ピルは、毎日同じ時間に1日1錠服用するのが基本です。
数時間程度の服用時間のずれや、前日1錠飲み忘れてしまったときには、すぐに対処すれば妊娠することはありませんが、飲み忘れないのが理想です。

 

トリキュラー28は実薬を21錠服用し、偽薬7錠を服用します。
この偽薬服用中に生理が来ます。
偽薬を服用する7日間は休薬期間に該当しますから、生理日をずらしたいといったことがなければ、この7日間はトリキュラー28を飲みません。

 

そして、29日目から新しいシートを飲み始めます。
飲み忘れに気がついたときにはすぐに1錠飲み、さらに、その日の分のトリキュラー28を飲みます。
この日は2錠服用することになります。
2日以上続けて服用を忘れたときには、トリキュラー28を飲むのをやめて、生理が来るのを待ちます。

 

生理が来たら新しいシートの1錠目からいつも通りに服用します。
トリキュラー28を服用していると、自分の生理予定日を把握することができるのがメリットです。
事前に生理予定日がわかりますから、旅行と生理が重なってしまいそうなときには、生理日をずらすなど、対処することができます。
トリキュラー28の服用日を調整することで、生理予定日を変更することが可能ですが、避妊の確実性に欠けるためあまりおすすめできません。