トリキュラー28の効果

MENU

トリキュラー28の効果

 

トリキュラー28は避妊を目的として使われるだけではなく、生理痛や生理周期を安定させるために使われています。
トリキュラー28を飲むことで経血量が少なくなり、生理時の不快な症状を緩和する効果にすぐれています。

 

このほか、月経前症候群や月経困難症の改善効果や、更年期障害の緩和、ニキビの改善、子宮体がんや 子宮頸がん、卵巣がんの予防効果、子宮内膜症の予防効果などがあります。

 

トリキュラー28には、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含まれており、黄体ホルモンの働きによって子宮内膜を安定させる効果が得られる仕組みとなっています。
トリキュラー28を服用すると、バストにハリが出てくる、肌荒れが良くなるといった、美容効果が得られることもあります。

 

不妊治療の一環として使われることもあり、避妊を目的としない場合でも、女性であれば、トリキュラー28のような低用量ピルを服用する機会があるかもしれません。
トリキュラー28にはレボノルゲストレルという黄体ホルモンが使われています。

 

同じホルモンが使われている低用量ピルにはアンジュがあり、さらにトリキュラーにはラベルフィーユというジェネリック医薬品も用意されています。
トリキュラー28が身体に合わないときには、ラベルフィーユもしくは別の低用量ピルに変更することが可能です。